Wellcome to Bass Trombone player
Tsukasa NUMTA Official Web Site
 
バストロンボーン奏者、 沼田司 の公式ウェブサイトです。
演奏活動、レッスン等の情報をお知らせします。
自由な感覚で造ってますので、お気楽にご覧ください。
2015年からアレクサンダーテクニークトレイニー(BodyChanceメソッド)
として、演奏時の心と身体の学びを深めています。

緊急告知!!

 

沼田司のアレクサンダーテクニークに基づく
金管楽器ワークショップ

 
内容
金管楽器のグループレッスン・お悩み相談
 
日時
11月23日(金・祝)15時〜18時(入室から退出まで)
 
場所
レンタルスタジオ「Debut(デビュー)」第7スタジオ
新大久保徒歩3分
ちょっと前までダ・カーポと呼んでいたところです。 
http://www.music-dacapo.com/rental/
   
対象
中学生以上大人までの金管楽器が好きな方。
 
費用
2千円(場所代込み)
 
人数
5名(先着順)
 
持ち物
楽器(他に聴いてほしい楽譜)
 
お願い
終了後に簡単なアンケートを書いていただきます。
個人情報はこのワークショップ以外には使用いたしません。
 
応募
Facebookのメッセージか、
tsukasanumata@gmail.comにメールをください。
24時間以内に返信いたします。
Gメールの場合不達の可能性がありますので
24時間以内に返信なき場合はお手数ですが再送お願い致します。
質問疑問苦情等ありましたら遠慮なくお気軽にご連絡ください。
どうぞ宜しくお願い致します。

私、沼田司は演奏家、指導者として活動していますが、より深い学びを追求しアレクサンダーテクニークの学校BodyChanceに入学してます。
 
その履修過程においてワークショップをしなければなりません。
 
お忙しいところ申し訳ありませんが、興味のある方はご協力をいただけると助かります。
 
ワークショップとはいうものの、普段の個人レッスンやグループレッスンとなんら変わりありません。
 
履修過程なので、レッスン料は場所代込みで¥2000ー(3時間)でやらさせていただきます。
 
形式はグループレッスンです。
 
グループレッスンの良さとして客観的に生徒さんが変化するのが分かる点です。生徒さんは他人に見られているので緊張するかも分かりませんが、同じトロンボーン吹きの仲間です。失敗しようと何しようと安全な場所です。その雰囲気作りは僕が責任持って居心地の良い空間、時間を作ります。
 
上記のように開催いたします。どうぞ時間とご興味ありましたらご参加お願い致します。

   お願い
現在、このページのレイアウトや見出しを変更中です。
各所にお見苦しい点や、ジャンル違いの部分がございますが、
できるだけ早く見やすいサイトを制作致します。
それまで少々あなたの想像力を膨らませて読んでいただけると幸いです。

更新履歴

"A SONG FOR JAPAN" by trombonists
from all over the world
世界中のトロンボーンプレイヤー、音楽家たちが日本を応援しています
応援しています
2018-11-06
 

Twitter始めました。フォローお願いいたします。
 沼田司 @Tsukasa_NUMATA
 
Facebookもやってます。
申請はメッセージを添えてくださいね。
https://www.facebook.com/numata.basstrombone
 
スカイプ(TV電話)レッスン始めました
 
レッスンを受けた感想
過去に僕のレッスンを受けた方々の感想です。
 
フリップ・スパーク氏の「陽はまた昇る」
2011年3月11日東日本大震災救済プロジェクト
 
日本トロンボーン協会、常任理事でも活動しています
これからも一層トロンボーンや音楽の発展のため、お手伝いをさせていただきます。
 
A Song for Japan
日本担当として、お手伝いさせていただいています。
 

LinkIcon所属している団体や自主コンサート、特にお薦めコンサートなどの告知します
2011以降はFacebookで告知しています。
お気軽にメッセージ添えて申請してください。
https://www.facebook.com/numata.basstrombone
 


東京吹奏楽団
CD「温故知新」
 
 
僕の音楽人生の中で誇りある一枚が完成しました!! よく話す事ですが、全てのテクニックは「音楽表現の為にある」・・・ それが実現したかのように思います。 録音をする3年前から企画構成委員をした集大成です。 是非お聴きください。2012年5月1.2日録音。
 
詳しくはこちら>>>
 
2011年以前に終了した演奏会の感想はこちらLinkIcon